親の財産管理

Posted by 管理人 on 18/05/03

少子高齢化であり、一人っ子の方もたくさんいます。この場合、親の財産管理を自分がしなければいけないという方は増えるでしょう。他の兄弟に頼るわけにもいかず、自分が親のことをすべて面倒を見なければいけないのです。両親が高齢になると、さまざまな心配をしなければいけません。もちろん介護の問題もあるのですが、亡くなったあとのこともきちんと処理しなければいけないのです。

もし親が亡くなったとしたら、親の所有していた財産については子供がきちんと処分をしなければいけません。相続をすることもあれば、相続を破棄することもあるでしょう。遺族がたくさんいるならば、どのようにして親の財産を分配するかも考えなければいけません

財産の管理また、親が亡くなっていない場合でも、たとえば親が痴呆になってしまうこともあります。この場合は自分自身で財産の管理をすることができません。しかし、親は毎月年金をもらっているでしょう。他にもさまざまな財産があるというケースもあります。この場合はきちんと親の財産を管理する必要が生じます。そうしないと騙されて財産を全部盗られてしまうようなケースも考えられるからです。そのために成年後見という制度が存在しています。後見人を決めて、親の財産を管理するのです。

こちらではどのようにして親の財産を管理することができるのか、そのための方法について紹介しましょう。親が高齢になったならば、真剣に考えなければいけない問題となるのです。成年後見制度も含めて紹介しましょう。

Filed under 未分類

Comments are closed.