弁護士に相談する

親の財産管理を考えているならば、成年後見弁護士に相談をすると良いでしょう。そうすることによって、スムーズに制度を利用することができるのです。その際には成年後見制度について、よく理解している弁護士を選びましょう。これまでに成年後見の事案について扱った経験のある弁護士に頼むべきです。そうすれば、こちらの制度についてメリットだけではなくてデメリットについてもきちんと説明してくれるでしょう

弁護士また、実際に成年後見業務をすることになった際にもさまざまな法律問題が関わることがあります。その際にも助けてくれるのが弁護士です。法律知識に基づいて適切な助言をしてくれるでしょう。これによってトラブルを避けることができるのです。

また、弁護士に成年後見人を頼むという方法もあります。場合によっては第三者が成年後見人になった方が良いケースもあるのです。利害関係のある方が成年後見になると問題が起きてしまう可能性があるからです。親族の間でトラブルが発生するのを避けられるというメリットもあります。

いずれにしても親の財産管理のことについては、法律も関わるため弁護士に相談をしておくことをおすすめします。そうすれば成年後見制度も含めてアドバイスしてくれます。

成年後見制度

子供だからといって親の銀行口座に入っているお金を勝手に引き出すことはできません。そのため、親が認知症になってしまうと困った状況になってしまうでしょう。この問題を解決するための方法として成年後見制度というものが存在しています。

成年後見制度成年後見制度というのは親の後見人になることができるという制度のことです。病気や認知症などの原因によって判断能力が不十分であると認められた場合に、親の財産管理をするための後見人になることができる制度です。もし自分が親の成年後見人になりたいならば、裁判所に申し立てをすれば良いのです。申立ができるのは本人か配偶者、あるいは4親等内の親族に限られています。専門家が申立をすることができます。一切の事情を考慮して裁判所がその人が後見人としてふさわしいのかをチェックしてくれるのです。

後見人には成年後見人と保佐人、補助人という3つのランクが存在しています。ほとんどの場合は成年後見人になることが多いでしょう。もし成年後見人になったならば、後でどのような目的でお金を引き出したのかを説明できなければいけません。そのための記録を残すことが義務付けられているのです。

こちらの制度を利用することによって、親の財産管理がしっかりと行えるようになるでしょう。

親の財産管理

少子高齢化であり、一人っ子の方もたくさんいます。この場合、親の財産管理を自分がしなければいけないという方は増えるでしょう。他の兄弟に頼るわけにもいかず、自分が親のことをすべて面倒を見なければいけないのです。両親が高齢になると、さまざまな心配をしなければいけません。もちろん介護の問題もあるのですが、亡くなったあとのこともきちんと処理しなければいけないのです。

もし親が亡くなったとしたら、親の所有していた財産については子供がきちんと処分をしなければいけません。相続をすることもあれば、相続を破棄することもあるでしょう。遺族がたくさんいるならば、どのようにして親の財産を分配するかも考えなければいけません

財産の管理また、親が亡くなっていない場合でも、たとえば親が痴呆になってしまうこともあります。この場合は自分自身で財産の管理をすることができません。しかし、親は毎月年金をもらっているでしょう。他にもさまざまな財産があるというケースもあります。この場合はきちんと親の財産を管理する必要が生じます。そうしないと騙されて財産を全部盗られてしまうようなケースも考えられるからです。そのために成年後見という制度が存在しています。後見人を決めて、親の財産を管理するのです。

こちらではどのようにして親の財産を管理することができるのか、そのための方法について紹介しましょう。親が高齢になったならば、真剣に考えなければいけない問題となるのです。成年後見制度も含めて紹介しましょう。